内縁の妻は夫の遺産を受けとれない?

内縁(事実婚)の妻は入籍をしていませんから配偶者ではありません。したがって法定相続人ではありませんから相続の権利を主張することはできません。

したがって、通常の方法では故人の遺産を相続することはできません。この場合、子供がいないときには相続人は親になり、親が亡くなっていれば兄弟姉妹になります。しかし、いかに籍が入っていない内縁の妻だとは言え、内縁の夫と2人で協力しあって築いてきた財産が一切相続できないとは理不尽です。この場合相続人が話の分かる人だと、そうした理不尽さを認めて何らかの方法を考えてくれますが、もの分りの悪い人である場合は、そうした立場を認めてくれないことも考えられます。

内縁の妻が夫の財産を所有するには遺贈、売買、贈与などによるしかない

いかに2人で築いてきた財産だとはいえ、内縁の妻には相続権は一切ありません。でも夫が残した不動産を所有する方法がまったくないわけではありません。それは遺贈、贈与、売買などの方法で相続人から権利を譲ってもらうのです。その方法は、まず夫の父親が不動産を相続して名義変更を行い、その後内縁の妻に遺贈、贈与、売買のいずれかの方法で権利を譲ればいいのです。

この場合話のよく分かる親であったなら、遺贈か贈与という方法を採ってくれるでしょうが、意地悪い人でしたらお金をせしめようとして、売買という形を持ちかけるのではないでしょうか。でもここで争って騒動を起こしてもなんにもなりません。なすべきことは誠心誠意心お願いすることです。そうしてできるだけ安い金額で譲り受けるようにするしか他に方法はありません。