子供がいない場合は相続トラブルが起りやすい

夫が亡くなっても、両親も亡くなっていて子供がいない夫婦の場合は、残された妻が財産のすべてを相続できると思いがちです。でも実際はそうではないのです。この場合、夫に妹がいる場合は、その妹も法定相続人になり、遺産の4分の1を相続する権利があるのです。

つまり妻が4分の3を相続し、残りが義理の妹の取り分ということになるのです。この場合妻としては割り切れない気持ちが残るのではないでしょうか。なぜなら夫が残した財産とはいえ、夫婦2人で築いてきたものであり、それをどうして人にあげなければいけないのか、と思うからです。この気持ちは人情としてはよく分かります。しかし民法では、子供がいない場合には、兄弟姉妹にも相続権があると認められているのです。

予期しない法定相続人が突然現れた時に相続争いが起こる

妻としては自分がすべての遺産を相続できるとばかり思っていたのに、義理の妹が出てきて自分にも4分の1の遺産を相続する権利があると言われるのは、まさに青天の霹靂です。でも法律でそう決まっているのです。とは言え2人で築いてきた財産を他人に渡すことには簡単に同意できません。

そんなことを言ってきた義理の妹を憎く思ったりもします。でもこれを避ける方法はあったのです。要は夫が「すべての財産は妻に渡す」と書いた遺言を残せばよかったのです。そうすればたとえ妹に相続の権利があるとしても、兄弟姉妹に対してはは遺留分はありませんから、すべての遺産は妻のものになります。したがって遺産をめぐるトラブルなど発生する余地はないのです。