相続人の誰かが故人の介護をしていたときもトラブルになりやすい

長寿社会の今ではどの家庭にも親の介護という問題が発生します。複数の兄弟姉妹がいる場合でも、介護はたいてい同居している家族がするのが普通ですから、兄弟姉妹のうちの誰か特定の者が介護に当たるというケースが多いようです。

こうした場合、親としては介護をしてくれる肉親にできるだけ多くの遺産を残そうと考えるのが普通です。しかしそれを遺言に書いて残しておかなければ相続に際にそうした意志は反映されません。トラブルが起るのは介護に当たらなかった兄弟姉妹が、故人の意志に反して法定相続分どうりに遺産分割することを主張するからです。

しかし、1人だけで介護を担当してきた当事者としては、おいそれとそうした主張を認めるわけにはいきません。なぜなら、介護にかかわってきた相続人には「寄与分」と呼ばれる法定相続分に一定額を上乗せして相続を受けることができるからです。

介護をした人には寄与分として余分の財産が受け取れる

兄弟姉妹のうち1人だけが故人の介護に貢献した場合は、その人に対しては「寄与分」という名目のもとに、財産の一部を上乗せして相続することができます。

そうして受け取る人のことを寄与者と呼びます。この場合は相続財産の総額から寄与分を差し引いて、残りを相続人間で分配することになります。しかしこうした決まりがあっても、それを認めず兄弟姉妹の中には、一般的な形での相続分どおりの遺産分割を主張するものが出てくることは珍しくはありません。こういったときに、兄弟姉妹の間でトラブルが発生するのです。

これもまた故人が遺言を残していなかったゆえに起る遺産相続争いのひとつの例なのです。